■ピロリ菌の構造



   ピロリ菌はその正式名称の通り、2〜3回緩やかに右巻きに
   捻じれた螺旋状の形をしており体長は2ミクロンから5ミクロン
   程度、片側もしくは両側に4本から8本の尻尾のように見える
   べん毛が生えています。

   「べん毛」とはバクテリアなどが持っている毛状の器官で、
   自由に泳ぎ回るためのモーターみたいなものです。この
   べん毛は螺旋形で、これを反時計回りに回転させた時に
   体を前進させる訳ですがこの時菌体は反作用でべん毛とは
   逆の方向に回転する事になります。べん毛を持つ生物の
   移動構造は全て同じで、その殆どがべん毛の10分の1位の
   速度で自らの体を回転させています。

   べん毛は正確には3つの 部分に分けられていて菌体の
   外部にあるスクリューの役割をしている「べん毛繊維」を普通
   ”べん毛”と呼んでいます。細いべん毛繊維の中は空洞に
   なっていて、繊維を構成しているたんぱく質はその繊維内の
   空洞通って、毛先に到着し、先端から伸びて行きます。

   そのため、根元で繊維を作って伸びていく我々の髪の毛とは
   全く異なる構造の毛物質です。しかし実際にモータの回転力
   を発生するべん毛モーターは「フラジラーモーター」と呼ば
   れる部分で、べん毛繊維とべん毛モーターの間は「フック」
   と呼ばれる部分で繋がれています。このべん毛モーターは、
   生物の持つ回転システムとしては最初に発見されたものだそ
   うです。従ってピロリ菌に限らずこのべん毛を持つバクテリア
   は全てヘリコプターのような回転移動をする訳ですね。


■本サイト人気コンテンツ

  ★ べん毛の意味?
  ★ ウレアーゼとは
  ★ どんな歴史がある!?
  ★ ピロリ菌の否定
  ★ カンピロバクターとは?
  ★ 命名の由来は何!?