■ピロリ菌のべん毛



   ピロリ菌は私たち人間の胃や十二指腸の中に住み着く細菌
   です。そして、べん毛モーターを回転させて移動している
   訳ですが、その回転数は1秒間に100回転にも達すると
   言われ、菌体の10倍ほどの長さを一度に移動する事が出来
   ます。この移動速度は人間が100メートルを約5.5秒で泳ぐ
   のに値し、オリンピックに出れば間違いなく金メダルの
   取れるスピードです。しかもスクリューを逆回転させれば、
   バックする事も可能なのです。

   しかし、我々の胃の内部は胃液に含まれる塩酸によって
   強酸性であるため、本来なら生物が生存するのは不可能な
   はずです。ところが、このピロリ菌は胃の中で泳ぎ続け、
   胃の粘膜に付着しては様々な疾病の犯人となります。その
   多くは胃の粘膜を好んで住みつき粘液の下にもぐりこんで
   胃酸から逃れていますが、中には、胃酸から十二指腸を
   守るためにその粘膜が胃と同じような粘膜に置き換わって
   しまった場所に住み着くピロリ菌も少なくありません。
   では、何故ピロリ菌は私たちの胃の中に侵入し、そこで
   生きる事が出来るのでしょうか?

   一説によるとべん毛センサーのお陰だとも言われています。
   我々の胃の中は部位によって酸の強さが異なり、胃の内腔
   よりも粘液層の中の方が酸が弱いのです。そこで、べん毛
   がより酸の弱そうなところを感じ取りそのセンサーの指示
   に従って進行方向を選んでいるという考え方でそのべん毛
   の先端は袋のような膜でおおわれており、胃酸などから
   べん毛を保護しているという理論です。


■本サイト人気コンテンツ

  ★ べん毛の意味?
  ★ ウレアーゼとは
  ★ どんな歴史がある!?
  ★ ピロリ菌の否定
  ★ カンピロバクターとは?
  ★ 命名の由来は何!?