■ピロリ菌の歴史



   ピロリ菌の研究の歴史は古く、19世紀に遡ります。世界で
   最初にピロリ菌なるものを発見したのはドイツの研究者で、
   時は1875年、人の胃の中に存在している螺旋状の細菌を
   見付け、それを顕微鏡で観察したと言われています。

   しかし、その詳細な記録は残されておらず、その研究者の
   名前すら明らかになっていないようです。現時点で残されて
   いる最も古い正式記録は、1892年にイタリアの研究者
   Giulio Bizzozeroによって記されたもので、その内容は、
   犬の胃内の酸性環境で生息する細菌について著したものだ
   とされています。そして19正規も残すところ僅かとなった
   1899年、ポーランドの研究者Walery Jaworskiが人間の胃から
   グラム陰性桿菌とともに螺旋状の菌を見い出し、この菌を
   「Vibrio rugula」と命名。胃疾患との関連についても、
   ポーランド語で書かれた著書の中で提唱したのです。

   その後20世紀に入って、ピロリ菌の研究は盛んに行われる
   ようになりました。まず1906年にはKrienitzらが胃ガン患者
   の胃粘膜から螺旋菌がいる事を、1920年代にはLuckらが人間
   の胃粘膜にウレアーゼの酵素活性が見られる事を報告。
   さらに1940年には、FreedbergとBarronが胃の切除標本の
   約3分の1に螺旋状の菌が存在する事を発表し医師や科学者
   たちの胃の中に存在する細菌、所謂ピロリ菌と胃疾患との
   関係に対する興味は高まる一方となりました。しかし研究が
   進めば進む程、賛否は両論。そんな現実が常に付きまとって
   いたそうです。


■本サイト人気コンテンツ

  ★ べん毛の意味?
  ★ ウレアーゼとは
  ★ どんな歴史がある!?
  ★ ピロリ菌の否定
  ★ カンピロバクターとは?
  ★ 命名の由来は何!?