■ピロリ菌の命名



   ピロリ菌の確定に繋がったカンピロバクターの微好気培養
   技術は、1977年にSkirrowらが確立した手法です。カンピロ
   バクターは感染性の下痢の原因となる螺旋状の菌で、低濃度
   の酸素と二酸化炭素を必要とする微好気性、且、栄養要求性
   の厳しい細菌の一種であるため、特殊な培地と培養法が必要
   だとされていました。それを現実のものとしたのがSkirrowらで、
   さらにその技術を応用したのがマーシャルらです。そして、
   その培養法を用いる事によって、慢性活動性胃炎の患者の胃内、
   それも幽門付近から螺旋状の菌、つまりピロリ菌を分離する
   事に成功しました。

   ピロリ菌は発見当初、光学顕微鏡で観察した形態の類似性と
   微好気性であることが共通していたところから、カンピロ
   バクターの一種と考えられ、幽門に存在する湾曲した細菌と
   いう意味の「Campylobacter pyloridis」と命名されましたが、
   ラテン語の文法上誤りである事が判明したため、1987年に
   「Campylobacter pylori」に改名されました。さらにその後
   電子顕微鏡下での微小構造の違いや遺伝子の類似性から
   あれこれ改められ、1989年にはカンピロバクターとは別の
   グループとして、新たにヘリコバクター属が制定、それに伴い、
   ”Helicobacter pylori”と名称変更され、以来ピロリ菌と
   呼ばれるようになったようです。

   さらに、フェレットやサル、ネコ、チーターなどの動物の
   胃からも同様の菌が分離され、それらもヘリコバクター属
   に分類されました。


■本サイト人気コンテンツ

  ★ べん毛の意味?
  ★ ウレアーゼとは
  ★ どんな歴史がある!?
  ★ ピロリ菌の否定
  ★ カンピロバクターとは?
  ★ 命名の由来は何!?