包皮とは

このように、尿と精液はともに尿道を通って尿道口から放出される
訳ですが、その方法は異なりますし、又、尿道の途中には特殊な弁
があって、尿と精液が混ざり合う事もありません。とは言え、排尿
も射精もある程度我慢する際には下腹部に力を入れる訳で、それは、
ペニスの上流に相当する「尿生殖隔膜部」と呼ばれる部分の尿道に
ある「尿道括約筋」と言う筋肉を収縮させる事によって可能にして
います。ところが、勃起時にはこの括約筋によって尿の排泄が困難
な状態にコントロールされ、射精が近づくと更に弁が働いて尿を
完全にシャットアウトするため、尿道は単なる精管となるのです。

男性が自らの仮性包茎を気にする要因の1つには、様々な噂の存在
があります。包茎の男性はペニスが小さいとか、早漏であるとか、
逆に勃起しにくいなどと言う人もいます。しかし、ペニスの大きさ
や形は海綿体で変わって来る訳で、又、感度や射精のペース配分も
副交感神経や血流、筋肉の収縮などによって調節される訳ですから、
外側の包皮と直接的な関係があると考えるのはいかがなものでしょう?

包茎に最も関わっているのは、ペニスの中でも「放屁」と呼ばれる
部分です。ペニスは尿道とそれを取り囲む海綿体によって形成され
ている訳ですが、これらの海綿体を包むように筋膜と皮下組織が
取り巻き、最終的にそれら全てを外側から皮膚が覆っています。
この皮膚が「包皮」です。通常亀頭以外のペニスの包皮は、性交渉
の際に前後運動が円滑に出来るよう、内部の組織とは癒合せず、
独自での前後移動が容易な構造となっています。

当サイト人気コンテンツ

★ 女性と包茎
★ 男性器を考える
★ 包皮とは
★ 仮性包茎とは
★ 包茎と様々な噂
★ 男と女と仮性包茎



Copyright (C) 2007 女性が語る仮性包茎ガイド All Rights Reserved.