セルライトの流行



申し訳ございません。現在工事中です。

「Cellule(細胞)+ ite(鉱物)」の合成語としてフランスで生まれたと言われている。1973年、ニューヨークのエステティックサロンの経営者であるニコール・ロンサードがセルライトについての本を書きベストセラーになったことから一般に広く知られるようになった。 それらの情報が日本にもたらされたのはいつか定かでないが、日経産業新聞の1996年の記事でセルライトが紹介されているのが確認されている。関係業界やマスメディア、特にテレビの健康番組を通して2000年代以降日本でも一般に流布するようになった。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

早漏 サントリー ブルーベリー 円形脱毛症 WTI原油先物 リアルタイムチャート FX システムトレード FX システムトレード