薬局長の求人をお探しの薬剤師の方はこちら!

薬局長求人TOP >> 薬局長の転職基礎 >> 薬局長に手当はつくの?

薬局長に手当はつくの?

薬局長になると、給料が大幅にアップされ、薬剤師の時と同様に時間外手当は付いたままになります。普通の薬剤師の平均月収が約35万円なのに対し、薬局長の場合には、平均月収は、約47万円にもなります。ただ、普通の薬剤師の平均年齢が34歳なのに対し、薬局長は48歳となっているように、それなりの年齢になれば、給料も自然と上がるというのは、一般企業の年功序列と同じような仕組みになっています。また、その働いている薬局やドラッグストアによって異なりますが、福利厚生が充実している場合もあります。福利厚生は、様々な手当てとして支給されます。毎月の給料以外に、得ることが出来るサービスや特典、援助となっており、リゾートホテルに格安で宿泊できるなど様々なサービスがあります。

薬局長ではなく、管理薬剤師の場合には、役職手当として管理薬剤師手当というものが付きます。月に25,000円から40,000円程もらうことができるので、年収に置き換えると、30万円から50万円程になります。このような手当が付くことから、薬局長より管理薬剤師の方が人気がありますが、なかなか若いうちから管理職に就くというのはまだまだ難しいようです。しかし、近年の薬剤師不足により、薬局長や管理薬剤師に20代前半からなることができたという人も中にはいます。働いている場所にもよりますが、たまたま薬局長や管理薬剤師が辞めてポジションが空いたから働けるようになったという人もいます。

薬局長も管理薬剤師もどちらも薬剤師の中でも上に立つ立場になるので、責任感がないと務めることができません。年収はアップすることができ、時間外手当も同様につきますが、それだけ仕事も忙しくなるので、キャリアアップには繋がりますが、きちんと自分が務めることができるのかよく考えることが大切です。

薬局長や管理薬剤師に転職したいのであれば、薬剤師専門の転職エージェントに登録することがおすすめです。キャリアアップすることができ、さらに年収アップや手当も付き、福利厚生が今より充実しているところに勤めることができたりするチャンスが広がるので、今の自分の働き方に満足していないのであれば、転職も視野に入れてみると良いでしょう。転職というと、まだまだどうしてもマイナスイメージを持っている人も多くいますが、今は転職はスキルアップにも繋がるポジティブなイメージが強くなっているので、積極的に転職活動をしてみましょう。

薬局長求人サイト、人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>>薬局長の求人探しなら!転職サイトランキングはコチラ


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2018 薬局長の求人をお探しの薬剤師の方はこちら! All Rights Reserved.