薬局長の求人をお探しの薬剤師の方はこちら!

薬局長求人TOP >> 薬局長の転職基礎 >> 薬局長候補の求人をお探しの方へ

薬局長候補の求人をお探しの方へ

薬剤師の中には、いずれは薬局長として仕事を任され、責任ある立場の薬剤師として働きたいと思う方も多いでしょう。どのような薬剤師になりたいかを明確にすることで、その後の方向性が見えてきます。まして、薬局長候補ともなるとなおのことです。

しっかりとした立場で仕事をする薬局長は、責任も重い分、とてもやりがいのある仕事です。職場にもよりますが、薬局長として勤めるためには、ある一定期間以上の実務経験の他、薬事法やそのほか業務に関係した法規の知識、人事をつかさどれる能力なども必要になってきます。そのため、薬剤師としての高い専門性や、コミュニケーション能力などが求められますので、条件としても少々厳しくなることが多いようです。

同じ薬剤師の仕事でも、勤務先やそこに所属している薬剤師の人数などによって、勤務条件はかなり異なってきます。薬局長候補になるためには、多くの場合、まずは薬剤師として薬局などでの勤務経験が必要になります。グループ経営している会社などでは、店舗運営職の薬局長として、ドラッグストアの店舗責任者を任されることもあります。

病院の薬局長では、医師や看護婦、もちろん同じ職場の薬剤師との連携も大切になります。患者さんに服薬指導もおこないますので、患者さんとのコミュニケーション能力も求められます。もちろん、マネジメント能力も必要なことです。薬局長候補には、薬剤師としての知識が不可欠なのはもちろんのことですが、さまざまな経験に裏付けられた能力が活かされるのです。薬局長ともなるとそれなりの待遇を受けることができるようになりますが、その分課せられる責任は重くなります。しかし、総合的判断力や能力が発揮できるとても魅力ある職務だといえるでしょう

しかし、薬局長は希望すれば誰でもなれるわけではありません。まして、転職先でいきなり薬局長になるためには、ある程度の経験やそれまでの実績が必要になってくることが多くなります。チェーン店の薬局の場合、初めから薬局長候補として採用されることもありますが、普通の薬剤師として採用した後に、勤務経験や実績から判断されて薬局長になれる場合もあります。

薬局長候補の求人を見つけるためには、まず薬剤師求人エージェントに登録するとよいでしょう。多くの求人場合、求人情報が非公開になっていることがありますので、個人的に見つけようと思っても、容易に見つかるものではありません。その点薬剤師求人エージェントでは、多くの求人情報を保有していますので、より条件に合った求人情報を見つけやすくなります。また、複数のエージェントに登録をすることで、さらにより希望に合った求人情報を手にしやすくなるでしょう。また、業務内容や実態などの内情も、薬剤師の求人を専門に扱うエージェントでしたら周知していますので、相談してみるとよいでしょう。

薬局長求人サイト、人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>>薬局長の求人探しなら!転職サイトランキングはコチラ


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2018 薬局長の求人をお探しの薬剤師の方はこちら! All Rights Reserved.