薬局長の求人をお探しの薬剤師の方はこちら!

薬局長求人TOP >> 薬局長の転職基礎 >> 調剤薬局の薬局長の求人事情

調剤薬局の薬局長の求人事情

調剤薬局の薬局長の求人事情としては、募集が非常に多いということです。近年、薬剤師不足が問題となっており、薬剤師の募集が多くなっているのと同時に、管理職である薬局長の募集も多くなっているのです。また、いきなり薬局長を募集するのではなく、薬局長の候補として一度募集をして、実際に働いてみてお互いのニーズがマッチすれば、薬局長に位を上げてくれるような募集の仕方をしている調剤薬局もあります。特に若手の人で、経営志向や意欲のある人は多く募集されています。さらに年収は高いところでは、800万円程を提示しているところもあります。薬局長は管理職になるので、それだけ年収も高くなりますが、平均すると600万円前後となります。

また、調剤薬局で求める薬局長はもちろん正社員になります。パートやアルバイト、派遣などで働きたい人は、薬局長にはなることができないので、注意しましょう。さらに薬局長やエリアマネージャーを経て、社長候補になることができるような求人も中にはあります。一般企業には年功序列という制度がありますが、薬剤師の世界でもどんどん位を上げていき、昇進することも可能です。一生普通の薬剤師でいるのか、それともキャリアアップをしていきたいのか、自分のしたい働き方をよく考え、就職することが大切です。

キャリアアップをしたいのに、自分が今働いているところではそのような制度がないという人は、転職も視野に入れてみましょう。薬剤師専門の転職エージェントには、薬局長の求人が多く保有してあるので、登録すればそのような好条件の求人を紹介してくれます。まだ本気で転職を考えていないけど、今より好条件で働けるのであれば紹介してもらいたい、という人であってもおすすめです。調剤薬局で薬局長として働きたいという旨を転職エージェントに伝えることによって、そのような求人を紹介してもらうことができるので、便利に活用しましょう。

また、なぜドラッグストアではなく、調剤薬局で働きたいのか、その理由も明確にする必要があります。採用の際には、必ず面接があるので、その際に聞かれる場合もあるからです。そのような志望動機を考えるのは、就職、転職する際にとても大切なので、自己分析をしっかりして臨むようにしましょう。ただ、調剤薬局の薬剤師市場は今は売り手市場になっているので、非常に転職はしやすくなっています。転職するのにはタイミングも大切なので、こまめに転職サイトはチェックするようにしましょう。

薬局長求人サイト、人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>>薬局長の求人探しなら!転職サイトランキングはコチラ


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2015 薬局長の求人をお探しの薬剤師の方はこちら! All Rights Reserved.