薬局長の求人をお探しの薬剤師の方はこちら!

薬局長求人TOP >> 薬局長の転職基礎 >> 病院の薬局長の求人事情

病院の薬局長の求人事情

薬剤師として働いている方にとって、キャリアを積み管理的な仕事もこなせる薬局長の仕事は、憧れでもあり、目標とされるポストです。病院勤務の薬局長の仕事は、ある意味一般のサラリーマンと同じような待遇の場合もあります。薬剤師としての仕事の経験を重ねることでキャリアを積み、その結果として薬局長となる場合も多いからです。一般企業でいう昇進して管理職になるようなものです。

薬を取り扱う場合、必ず1人以上の専門的な薬剤師を置かなければならないことになっていますが、病院の場合には、規模によっては所属する薬剤師の数も多くなっています。大規模な病院であればあるほど人数も多く、薬局長の下には事務や全体の管理をつかさどる薬剤師が存在し、細かな事務処理なども受け持っています。薬局長は、医薬品の管理や薬局内の仕事が円滑に回るように配慮することはもちろん、従業員の勤務管理や病院との連携が円滑におこなわれるように、全体を視野に入れて配慮できなければなりません。そのため、取りまとめる立場である薬局長には、それなりの経験や豊富な知識が求められます。

薬局長の業務は内容も、とてもやりがいのある仕事です。しかし、病院の規模や薬剤師の数など条件によっても異なりますが、たくさんいる薬剤師の中でも、薬局長になれる人はごくわずかです。病院の薬局長になりたいと思っていても、薬剤師としての実力があるだけではどうにもならない場合もあります。薬局長のポストが空かない限り、いくら能力やキャリアがあったとしても、薬局長になることは不可能だからです。

病院の薬局長はポストが少ない分、頻繁に求人が出る職種ではありませんので、よほど病院の人事に精通していない限り、求人を見つけることは困難でしょう。それに加え、医薬分業が進み、病院に勤務する薬剤師自体が減っていますので、なおのことでしょう。

薬剤師の求人が数多くあるのに対して、薬局長の求人があまりあるものではありませんので、求人情報を得るためには、薬剤師を対象にしていて病院の薬局長も専門に扱う求人・転職エージェントに登録しておくとよいでしょう。薬局長の求人情報は、非公開にされているものが多くなっています。そのために、薬剤師求人エージェントに登録していない限り得ることのできない求人情報はたくさんあります。専門に扱っているエージェントでしたら、求人情報も多数取り扱っています。できれば複数社に登録しておくと、情報の数も増えますし、より希望の情報を得やすくなるでしょう。

求人・転職エージェントに登録するメリットは、そればかりではありません。なかなか交渉しにくい待遇面なども専任のコンサルタントに相談しておくことで、代わりに交渉してくれることもあります。その他プロならではのアドバイスもありますので、是非とも上手に活用したいものです。

薬局長求人サイト、人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>>薬局長の求人探しなら!転職サイトランキングはコチラ


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2015 薬局長の求人をお探しの薬剤師の方はこちら! All Rights Reserved.