薬局長の求人をお探しの薬剤師の方はこちら!

薬局長求人TOP >> 薬局長の転職基礎 >> 薬局長の仕事内容を知ろう

薬局長の仕事内容を知ろう

薬局長はどのような仕事をするのでしょうか?簡単に言うと、薬局長は、店舗の責任者となり、その店舗をまとめていく仕事をします。具体的には、円滑な店舗運営、従業員のシフト作成、勤怠の管理、本部に状況報告、トラブルが発生したらその対処、従業員の役割分担や指示を行いコミュニケーションを図る、近隣の医療機関との情報交換などが、薬局長の主な仕事になります。ただ、勤務先が薬局かドラッグストアかどうかで仕事内容は変わってきますし、同じ薬局やドラッグストアであっても会社が違う場合には、仕事内容も大きく変わります。しかし、大体が店舗運営をまかされ、他の薬剤師より上の立場に立って仕事をしていくようになります。

アパレルの店舗や飲食店で例えるのであれば、店長のような仕事をするのが薬局長です。他の薬剤師と違うのは、店舗をまかされているということです。その責任感がやる気にもつながって、やりがいを感じる人も多くなっています。このような仕事をしていて、一番嬉しい時は、従業員との一体感が得られた時や、売り上げが大きく伸びた時です。一つの店舗を運営することによって、大きな達成感を得ることができます。仕事内容は、普通の薬剤師でいる時より増えるので、大変になってきますが、それだけやりがいにも繋がる仕事内容となっています。

薬局長の仕事内容が分かったら、自分にもできそうかどうか考えてみましょう。薬局長になれば、給料もアップすることになり、さらに自分を高め、キャリアアップにも繋がります。早い人であれば、薬剤師不足の問題もあり、入社して半年から1年で薬局長を任される20代前半の薬剤師もいます。責任感が強く、リーダーシップがあるような人であれば、たとえ若くても薬局長という仕事を任せてもらうことができます。ただ、20代後半になっても薬局長になれないという薬剤師も中にはいます。人には適正というものがあり、その仕事が自分に合っていないということも十分にあり得ます。薬局長という仕事は、薬剤師なら誰でもできるというような簡単な仕事ではないということは覚えておきましょう。

薬局長の仕事を知り、是非やってみたいと思ったら、今働いている会社の人事を担当している人に聞いてみましょう。ただ、優秀な薬局長がいる場合には、そこで薬局長になるというのは難しいかもしれません。そのような際には、薬剤師専門の転職エージェントに登録をして、転職を考えてみるのも良い方法です。

薬局長求人サイト、人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>>薬局長の求人探しなら!転職サイトランキングはコチラ


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2015 薬局長の求人をお探しの薬剤師の方はこちら! All Rights Reserved.