薬局長の求人をお探しの薬剤師の方はこちら!

薬局長求人TOP >> 薬局長の転職基礎 >> 薬局長と管理薬剤師の違いを知ろう

薬局長と管理薬剤師の違いを知ろう

薬剤師として働く場合、薬局長と管理薬剤師という仕事があるということを覚えておきましょう。薬局長と管理薬剤師はどのように違うのか、きちんと知るということも大切です。薬局長とは、店舗責任者となり、店舗と本部を繋げるような役割を果たしています。具体的な仕事内容は、従業員のシフト作成や勤怠の管理、本部への状況報告、トラブルへの対処、従業員の役割指示とコミュニケーション、近隣の医療機関との情報交換などが挙げられます。一方、管理薬剤師の場合では、薬局には一人責任者を置かなくてはいけないことが定められており、それが薬剤師でもある管理薬剤師です。管理薬剤師は、店舗を管理監督し、経営者と同等あるいはそれ以上の責任が求められています。他の薬剤師より立場は上になります。

このように、薬局長であれ管理薬剤師であれ、その店舗のトップとなって、責任感のある仕事を任せられますが、その仕事が異なってくることを覚えておきましょう。薬剤師として働いている間に、早ければ数ヶ月で、薬局長や管理薬剤師を任される場合があります。ただ両方ともその店舗を任せられることになるので、向き不向きがあります。人をまとめるのが得意な人はそういった仕事内容もなんなくこなすことができるかもしれませんが、リーダーシップがあまりないような人は、この仕事は大変なものになるかもしれません。どういう仕事をするのかきちんと把握した上で、薬局長、管理薬剤師のどちらになるのか決めるのも良いでしょう。

薬局長であれ、管理薬剤師であれ、薬剤師不足な中で、そのような仕事をすぐに任される人も多くいます。ただ、その薬局やドラッグストアによっても異なりますが、20代後半になっても一向にそのような声がかからないといった人も珍しくありません。勤めている薬局やドラッグストアにすでに優秀な薬局長や管理薬剤師がいる場合には、なかなかそのポジションを務めるというのは難しいでしょう。

そこでどうしても薬局長や管理薬剤師になりたいのであれば、転職をするという方法もあります。薬剤師専門の転職エージェントに登録すると、自分専任のキャリアコンサルタントがついてくれるので、薬局長と管理薬剤師の仕事の違いも教えてもらうことができます。両方の仕事内容をきちんと理解した上で、どちらの仕事をしてみたいのか、自己とじっくり見つめあい、きちんと自己分析をするということが転職する際に成功の鍵となります。

薬局長求人サイト、人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>>薬局長の求人探しなら!転職サイトランキングはコチラ


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2015 薬局長の求人をお探しの薬剤師の方はこちら! All Rights Reserved.