薬局長の求人をお探しの薬剤師の方はこちら!

薬局長求人TOP >> 企業別の求人事情 >> マツモトキヨシの薬局長求人なら

マツモトキヨシの薬局長求人なら

マツモトキヨシは大手ドラッグストアになり、人件費削減のために正社員よりパートやアルバイトの募集を積極的に行っています。しかし、パートやアルバイトのシフト作成や、仕事内容を指示するような人がいなければ、店舗は運営することができません。そこで、薬局長候補となる正社員の募集も少ないながら行なっています。また、マツモトキヨシでは、管理職のことを薬局長ではなく、店長や課長と呼んでいます。正社員の給与は年俸にすると460万円から700万円となっています。ただ、個人の能力や経験によって変わるので注意しましょう。薬剤師の店長であれば、約700万円、薬剤師の課長になると約1,100万円もらうことができます。管理職になると、それだけ責任のある仕事も任せられるので、年俸も高くなるのでしょう。

マツモトキヨシは全国に多くの店舗があるので、比較的自宅の近くで求人を探しやすいというのが大きなメリットです。また、研修制度も充実しており、薬剤師の基礎をしっかり学ぶことができます。管理薬剤師、薬局長、ファーマシーセクションスーパーバイザーなど、それぞれのライフプランに合わせたキャリアアップをバックアップしてくれるのが、嬉しいポイントです。また、パートやアルバイトとして働いていたけど、薬局長を目指してみたくなったという人は、薬剤師の資格を持っていれば、可能になる場合もあるので、店舗の責任者に掛け合ってみましょう。

マツモトキヨシは大手になるので、それだけグループ会社の採用も同時に行っています。もしマツモトキヨシで採用されなかったとしても、沢山のグループ会社で採用してもらうことができるかもしれないので、諦めないで応募するようにしましょう。マツモトキヨシは、1932年に創立した歴史があり、知名度もあるドラッグストアです。そこで、薬局長として責任のある仕事をするというのは、とても魅力的でしょう。

休日は年間116日で月に9日間から11日間休むことできます。また、育児休暇、慶弔休暇、有給休暇が初年度は10日、連続休暇が6日、特別休暇が7日、アニバーサリー休暇が1日設けられています。社会保険も健康保険、雇用保険、労災保険、厚生年金保険、自社健康保険があるので、安心です。また、赴任手当があり、自動車通勤は可能になっているというのも便利で良い点です。マツモトキヨシで薬局長になりたいのであれば、正社員として採用され、研修を受け、責任者になれるかどうか掛け合ってみることが大切です。

薬局長求人サイト、人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>>薬局長の求人探しなら!転職サイトランキングはコチラ


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2015 薬局長の求人をお探しの薬剤師の方はこちら! All Rights Reserved.