薬局長の求人をお探しの薬剤師の方はこちら!

薬局長求人TOP >> 企業別の求人事情 >> サンドラッグの薬局長求人なら

サンドラッグの薬局長求人なら

サンドラッグは、グループ経営をしており、サンドラッグの他にもドラッグトップスやサンドラッグ東海、サンドラッグプラスなどがあります。このグループ会社の採用は、全てサンドラッグ人事部採用課が中心となって行なっています。サンドラッグには、薬局長という仕事を店舗運営職として募集しています。仕事内容は、店舗内のオペレーションや店舗の運営管理に関わる業務を行ないます。ドラッグストアの店舗責任者として、頼れる店長になることが望まれます。さらにサンドラッグでは、薬局長の経験を経て、複数店舗をマネジメントするエリアマネージャーや、店舗にどのような商品を導入するか考えるバイヤー、優秀な人材を教育する教育担当者など、様々な職種に就くことも可能です。一つの職種にとらわれることなく、積極的にスキルアップを図りたい人には、サンドラッグはおすすめと言えるでしょう。

また、サンドラッグの薬局長の求人では、学部は不問となっているので、誰にでもチャンスはあります。初任給は、薬学部以外卒業の場合が20万7,000円となっており、専門学校や短大卒の場合には、19万800円となっています。初任給は、一般企業とほぼ同じくらいだと考えて良いでしょう。諸手当としては、通勤の際の交通費、育児手当、自己育成、超過勤務、登録販売者手当などがあります。昇給は年に1回4月にあり、賞与は年に2回7月と12月にあります。勤務地は全国に491店舗ある中から、住宅地から通勤時間が1時間半までの店舗へ配属されます。

勤務時間は、1日平均拘束時間は9時間から10時間、休憩時間が60分から120分あり、実働平均時間は8時間です。休日は週休2日制で、月平均は9.6日、年間におよそ116日休むことができます。有給休暇は入社して半年すると10日もらうことができ、以降1年ごとにアップしていきます。上限は20日となります。また、特別休暇として、本人が結婚する場合には、5日間休みをもらうことができます。各種保険もきちんと整備されており、雇用、労災、健康、厚生年金などとなっています。

さらにサンドラッグの嬉しいポイントは、福利厚生がとても充実しているという点です。様々な福利厚生があるので、サンドラッグに採用された際には、是非利用してみると良いでしょう。このようにサンドラッグでは、薬局長になるのは他のドラッグストアに比べると簡単になり、さらに働きやすい環境も整っているので、就職する際の候補に入れると良いかもしれません。

薬局長求人サイト、人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>>薬局長の求人探しなら!転職サイトランキングはコチラ


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2018 薬局長の求人をお探しの薬剤師の方はこちら! All Rights Reserved.